コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す-民主研究会(時事通信)

 民主党の有志議員による「嫡出推定問題研究会」(会長・枝野幸男行政刷新担当相)は25日、離婚後300日以内に生まれた「無戸籍の子」を救済するため、民法改正などの要綱案をまとめ、法務省に提示した。妊娠時に結婚生活が破綻(はたん)していた場合、離婚前の夫の子とみなす規定の例外とすることが柱。研究会は今後各党に協力を求め、国会提出、成立を目指す。
 民法は、女性の離婚後300日以内の子は前夫の子と推定。早産の場合はその例外とする一方、妊娠時に結婚生活が破局していても、推定規定を適用する。
 こうしたケースでは、前夫の暴力が離婚原因の場合が多いが、出産や住所を知られたくない女性は出生届を出さず、無戸籍の子が増加する要因となっている。
 このため、民法とともに戸籍法を改正し、結婚破綻の事実を証明する書類提出を条件に、前夫を父としない出生届も認める。 

【関連ニュース】
政策提言に232件
「閣僚は国務に専念を」=小沢氏
仕分け、1年生議員を活用
仕分け、党に協力要請=首相
枝野氏、小林氏説明、納得できない=菅氏「党で対応検討も」

過労死・過労自殺に歯止め 大阪の弁護団が過重労働基本法案を提言へ(産経新聞)
半数以上「地方移管」を=国出先の仕分け結果-知事会PT(時事通信)
普天間5月決着、米と合意せず…外相(読売新聞)
普天間問題 日米実務者協議開始で合意(産経新聞)
飲酒運転 都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か(毎日新聞)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡-東京・青梅(時事通信)

 20日午後1時25分ごろ、東京都青梅市日向和田のJR青梅線敷地内で、電線の撤去作業中に高さ約7.5メートルの電柱が倒れた。作業中だった男性が頭を強く打つなどして病院に運ばれたが、約3時間半後に死亡した。警視庁青梅署は詳しい状況を調べている。
 同署によると、死亡したのは会社員林泰徳さん(27)=北区王子=。
 電柱は根元部分が腐っており、電線を外した際に倒れたとみられる。
 林さんは転落事故を防ぐため、自分の体と電柱をロープで結び、作業していた。 

【関連ニュース】
現場責任者ら2人を書類送検=作業員死亡事故で
安全管理責任者らに罰金=4人死亡三菱化学火災
ゴルフ場で生き埋め、1人死亡=水道工事中、掘った穴に
センター責任者ら3人を書類送検=JAもみ殻庫の死傷事故
クレーン車倒れ、4人死傷=県立病院建て替え

足利再審 検察当局、控訴しない方針(産経新聞)
<JR不採用>「取り扱い、月内に結論」国交相(毎日新聞)
被虐待児童の扱い、議論まとまらず―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
<訃報>徳田尚久さん76歳=元五洋建設専務(毎日新聞)
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑-沖縄県警(時事通信)
コンテントヘッダー

久保が勝ち2勝2敗=将棋棋王戦(時事通信)

 将棋の久保利明2冠(棋王、王将)に佐藤康光九段が挑戦する第35期棋王戦5番勝負の第4局が19日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、午後7時14分、144手で後手の久保が勝ち、2勝2敗とした。持ち時間各4時間のうち、残りは佐藤1分、久保10分。第5局は30日、大阪市の関西将棋会館で行われる。 

【関連ニュース】
久保がタイトル奪取=将棋王将戦
羽生が勝ち2勝3敗=将棋王将戦
将棋の有吉九段が1000敗目
佐藤が勝ち2勝1敗=将棋棋王戦
久保が勝ち1勝1敗=将棋棋王戦

<民主・生方氏>改めて小沢幹事長辞任求める(毎日新聞)
<日米密約>「破棄」文書、外務省が調査へ(毎日新聞)
輿石氏土地疑惑「脱税の疑いも」 自民PTが視察(産経新聞)
西松建設との和解を拒否=中国人強制連行で一部元原告(時事通信)
<非核三原則>鳩山首相に長崎市長らが法制化を要請(毎日新聞)
コンテントヘッダー

市橋被告への支援金100万円突破 「適正な裁判受けさせるため」恩師が募集(J-CASTニュース)

 英国人女性リンゼイさん殺害などの容疑で起訴された市橋達也被告(31)への支援金が目標の100万円を突破した。市橋被告の大学時代の恩師で、東京農業大学の本山直樹客員教授(千葉大名誉教授)が自身のブログで募集を告知してからわずか24日での目標達成だった。

 一部メディアは、市橋被告のファンが支援した、などと騒いだが、本山教授は「支援者を傷つける報道になっている」と怒りを露わにしている。

 市橋容疑者が2009年11月に逮捕され、写真が公開されると、その風貌が水嶋ヒロに似ている、ジューニー・ディップのようだなどと話題になり、「ファンクラブ」が結成された。SNS「ミクシィ」にも、市橋容疑者を応援するようなコミュがいくつもできた。

■振込額は1人あたり1000円から多い人は10万円

 一方、本山教授がブログで「市橋達也君の適正な裁判を支援する会」を立ち上げ、支援金の振り込みを呼び掛けたのが2010年2月20日。3月15日のブログで、3月13日までの支援金総額は1,020,688円で、当初の目標だった100万円を突破した、と報告した。振り込んでくれたのは58人。振込額は1人あたり1000円から、多い人は10万円もあった。

 本山教授と市橋被告は、千葉大の空手同好会で共に汗を流した仲だ。事件が起きると、ほとんどの千葉大関係者は口を閉じ、何も話さなかったが、本山教授だけはメディアの前で取材に応じた。逃亡していることがわかると、追い込まれ自殺することを止めようと、ブログで「すみやかに自首するように」と呼び掛けた。

  「母親が生まれた自分の子供を愛するように、教師にとって自分の生徒はかわいいもの。大学を卒業しても師弟関係は不動。生徒の将来をずっと見守り、指導していくのは教師の当然の務めです。もし間違いを起こした場合、生徒は裁かれ罪を償うのは当然ですが、市橋君の場合、どんな罪を犯したのかまだ明らかになっていない。明らかにするためには『適正な裁判』が必要で、全てが明らかになった後、市橋君には相当な罪を償って欲しい」

支援する会を設立した理由を本山教授はこう語った。

 菅野泰弁護士など弁護士6人が無償で市橋被告の弁護を請け負ったことが発端。食事を取らず餓死を選ぼうとしたのを思い留まらせたのもこの弁護団だったという。市橋被告と弁護団は次第に信頼関係を築いていく。罪状が死体遺棄から強姦致死、殺人と変わった。弁護団が無償で自分の弁護を続けるのが難しいと感じた市橋被告は、「自分を見捨てないで欲しい」と涙ながらに懇願。引き続き弁護していくことが決まった。

■「適正な裁判を受けられるように」と支援金振り込む

 本山教授も教え子のために何かできないかと考えた。

  「信頼関係が築けた弁護士と市橋君にとって、一緒に裁判に臨むことがベストなわけです。別の国選弁護士がついたとしたら、準備万端の検察と相対し『適正な裁判』ができないかもしれない。だから私は裁判費用に使っていただこうと支援金をみなさんに呼び掛けたんです」

と打ち明ける。

 まず自身のブログで告知し、次にメディアに取り上げてもらおうと考えたが、ブログで書いたとたんに支援金の申し込みが来た。目標は100万円。初めは半信半疑だったが、1ヵ月足らずで100万円を突破した。支援金を出しているのは女性が圧倒的に多く、特に子供を持っている女性だという。

 「イッチーギャル」「市橋ガールズ」と呼ばれる、興味本位から「ファン」になった女性ではなく、あくまで人道的見地に立っての支援をする人だ。夕刊紙などが、支援しているのはこうしたミーハー的なファンだ、と報じた際に、支援者から本山教授のもとに、「支援活動を貶めるだけでなく、支援者に対する侮辱だ」という便りが多数来たという。支援活動の解釈と支援者の位置づけについて、全く事実を理解しない間違った記事だった、と教授はいう。

  「市橋君にも人権があり、あの異常な報道ぶりを見て、なんとか適正な裁判を受けられるようにしてほしい。これが支援金を振り込む動機になっている、というのが真実なんです」

 元の教え子のために頑張っている教授の姿に感銘して振り込む人もいるのだという。支援金は10年3月19日に弁護団に渡すことになっていて、支援金の募集は裁判が終わるまで続けていく。


■関連記事
市橋容疑者東京への「怒号移送」 マスコミ「狂騒曲」の一部始終 : 2009/11/11
市橋容疑者東京への「怒号移送」 マスコミ「狂騒曲」の一部始終 : 2009/11/11
「市橋容疑者カッコいい」 テリー「ネットでふざけたことを…」 : 2009/11/17
「若者に起業勧めるのは嘘つき」 ひろゆきがホリエモンに反論? : 2010/03/16
「奇跡」の未発表新作登場 天才・ジミヘンが弾く「歴史」 : 2010/03/12

懐かしカメラが3千台…パン工場に博物館(読売新聞)
重文窃盗、新たに2人逮捕=観音像80万円で売却-福岡県警(時事通信)
今月下旬の沖縄訪問検討=普天間移設で知事と会談も-防衛相(時事通信)
第二京阪、20日に全面開通 名神、国道1号の渋滞解消に期待(産経新聞)
<センバツ>向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
コンテントヘッダー

北教組の献金直前、残高10万円…小林千陣営(読売新聞)

 昨年8月の衆院選の準備のため、北海道教職員組合(北教組)から違法な政治資金計1600万円を陣営幹部が受け取ったとされる事件で13日、札幌地検に事情聴取された民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)。

 小林氏が代表を務める政党支部は、選対事務所が開設された2008年9月下旬から約2か月半の間に1100万円以上を使い、同年12月上旬には、資金の残高が約10万円にまで減っていたことがわかった。北教組の資金提供が始まったのも同年12月で、事件の発端になった陣営の資金難の実態を裏付けている。

 小林氏の政治活動費の大半を負担している「民主党北海道第5区総支部」について、読売新聞が、政治資金収支報告書や領収書の写しなどを基に収支の実態を分析した。

 08年8月末時点で資金残高が約510万円だった同支部は、翌9月1日に当時の福田康夫首相が退陣を表明し衆院の解散ムードが高まったのをきっかけに資金の出入りが活発になった。

 同月の支出は、集会の会場費など約240万円。一方の収入は、民主党からの交付金500万円など計約555万円で、残高も前月より約310万円増加した。

 ところが、衆院選の準備のため9月20日に北海道江別市に「合同選対事務所」を設立した直後から支出が急増。10月と11月は、ポスターやチラシの印刷代など「宣伝費」が計13件約682万円に達し、事務所費なども計約190万円に上った。この間の収入は、党からの交付金200万円だけで、小口の経費の支払いも合わせると11月末の残高は30万円余りに激減した。

 地元の複数の民主党関係者によると、当時、合同選対事務所から配りきれない量のパンフレットが送られてきて一部を処分せざるを得なくなるなど「カネをかけすぎている」と問題になったこともあったという。

学費滞納で卒業証書回収、支払い計画出させる(読売新聞)
リンクシェア・ジャパン、シックス・アパートのウェブサイト管理ソフトウェア「Movable Type」に対応した、『LinkShare Affiliate Tools』を提供開始
B型肝炎訴訟で閣僚会議=国家戦略担当相が窓口(時事通信)
肌で感じた「政権与党」の苦しみ(産経新聞)
官僚答弁制限、今国会は断念=法案提出めど立たず-民主(時事通信)
コンテントヘッダー

鳩山政権半年、職ない・保育所足りない・期待なし(読売新聞)

 衆院選で圧勝した民主党が政権交代を実現させてから、16日で半年を迎える。

 「いのちを守る政治」「事業仕分け」「脱官僚」……。鳩山内閣が次々に新たな政策や理念を打ち出す一方、景気は足踏みを続け、暮らしは上向く気配がない。

 職を求める人たちや子育て中の母親、そして国の将来を担う学生は、この6か月間に何を感じたのか。

 ◆ハローワーク◆

 平日は約3500人の求職者が訪れる東京・池袋の「ハローワーク池袋」。

 休日明けの15日は、「失業給付金」の受給説明会に約120人が集まる中、情報処理会社を一月前に解雇され、職探しも兼ねて来たという元正社員の男性(37)の姿があった。

 「昨年9月頃から会社の業績が悪化していると感じていたが、ついに失職してしまった」。この男性は病気療養中の妻を抱えて医療費もかさみ、焦りばかりが募ると打ち明け、「『国民の生活を守る』と言うから少しは希望を持っていたが、今は何も期待していません」とあきらめ顔で話した。

 鳩山内閣は昨年12月、雇用の確保を「緊急の課題」と位置づけ、10年間で医療や介護の分野で280万人の新規雇用を目標にする新成長戦略を閣議決定した。しかし、1月の全国の完全失業者は323万人。昨秋より40万人ほど減ったものの、2年前に比べるとまだ約90万人も多い。

 同じく8年間勤めた運送会社の正社員を先月、解雇されたという男性(46)は「介護業界に挑戦したい気持ちもあるが、資格や経験を要求され、なかなか飛び込めない。経験はなくても、やる気のある人が働ける仕組みを作ってほしい」と語った。

 ◆無認可保育所◆

 東京・江東区にある「北砂五丁目団地」の1室。0歳児と1歳児計12人がいる無認可保育所「どんぐり保育室」には夕方、仕事を終えた母親たちが次々に迎えにやって来た。

 生後5か月の長男を預けて食料品店のパートとして働く女性(38)は、認可保育所に入れない「待機児童」を解消するとした民主党のマニフェストを、「早く実行してほしい」と訴えた。

 政権交代後もトラック運転手の夫(36)の仕事は減っている。認可保育所に入れた長女(4)に比べ、どんぐり保育室に通う長男の保育料は月2万~3万円高く、区の補助を受けても2人で約5万円に上る。「子ども手当も今の財政では来年の満額支給(月2万6000円)はムリ。暮らしが変わったという実感もなく、代わりに政治とカネの問題が出てきて、がっかり」とため息をついた。

 ◆東大キャンパス◆

 東京・本郷の東大キャンパス。昨年4月に中央官庁などの公務員になった法学部卒の学生は38人で5年前の97人から激減しているが、留年してキャリア官僚を目指すという法学部4年の男子学生(22)は、「周囲に官僚志望の学生があまりいない。指導教授も『今年はこんなに少ないのか』と驚いていた」と話した。

 友人の法学部4年の男子学生(23)も官僚志望だが、将来には不安も感じる。「政治には、官僚の能力を生かして国に貢献できる環境を作ってほしい」

<訃報>森園正彦さん85歳=元ソニー副社長(毎日新聞)
スキー場で雪崩、1人巻き込まれる=同行男性から110番-山形・蔵王(時事通信)
南海高野線小型ヘリ墜落事故、嫌疑不十分で不起訴(産経新聞)
<仙谷担当相>独立行政法人の役員公募 閣僚の選考を念押し(毎日新聞)
出先機関の仕事も「仕分け」=原口総務相(時事通信)
コンテントヘッダー

雑記帳 センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)

 第82回選抜高校野球大会で春夏通じて初めて甲子園に出場する東海大望洋(千葉県市原市)のナインを激励しようと、市民有志でつくる「市原はばのり研究所」が11日、高級食材ハバノリを贈った。

 ハバノリは房総半島特産の海藻。天日干ししたハバノリは、地元では正月の雑煮に欠かせない食材だが、生産量が少なく産地以外ではほとんど流通しないため価格が高騰し、入手困難な希少品だ。

 「これを食べて、甲子園で幅をきかせて」とハバノリを巻いたおにぎり50個を渡された坂本拓弥主将。「絶対優勝するので応援よろしくお願いします」とノリノリだった。【黒川晋史】

「なぜ自分のところにだけ」 強制執行に ホリエモン憤慨(J-CASTニュース)
非核三原則の堅持強調=岡田外相(時事通信)
酒気帯び運転 容疑で医師逮捕 奈良(産経新聞)
<最終列車>「北陸」「能登」に撮り鉄多数 JR西は警戒(毎日新聞)
<患者骨折>カメラ設置後被害なし 看護師、体制強化察知か(毎日新聞)
コンテントヘッダー

事故男が線路に逃走 北大阪急行、5千人に影響(産経新聞)

 6日午後4時40分ごろ、大阪府吹田市桃山台の国道423号(新御堂筋)で、軽乗用車が前方の乗用車に追突。軽乗用車から男が降りて逃走し、道路横の塀(高さ約1.6メートル)を乗り越え、北大阪急行の軌道内に侵入した。

 桃山台駅の駅員らが線路近くでうずくまっている男を発見し、吹田署員が自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。同署によると、男は奈良県大和郡山市白土町の自称土木作業員、平田健治容疑者(42)。飲酒検知を拒否しているという。追突された車の女性は首に軽傷。

 この影響で北大阪急行と、相互乗り入れしている大阪市営地下鉄御堂筋線計38本が最大8分遅れ、約5千人に影響した。

【関連記事】
石原軍団・池田努、ホーム転落男性を救った
“撮り鉄”運行妨害の次は“寝鉄”ソファー独占のワケ
転落防止ドアで乗客の安全確保 山手線は全駅で設置へ
JR西特急に女性接触、1万人影響 大阪・大正駅
東海道新幹線、線路に不審者立ち入りで遅れ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

【論説委員の取材ノート】石川水穂 痛恨の教科書誤報事件(産経新聞)
<懲戒請求>弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知(毎日新聞)
火遊び火災続発 ライター規制検討も…課題山積(産経新聞)
女子中学生自殺で緊急会議 都教委、今年度中に全教員の研修を実施(産経新聞)
<懲戒請求>弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知(毎日新聞)
コンテントヘッダー

<掘り出しニュース>ばんそうこうで健康管理システム 血圧から気温まで(毎日新聞)

 【兵庫】ばんそうこう型の器具を体に装着するだけで、血圧や体温などを計測し、家族や病院にデータを無線で送信する健康管理システムの開発に、県立大大学院工学研究科の前中一介教授(電気系工学)を中心としたグループが取り組んでいる。一人暮らしの高齢者や生活習慣病の患者が増える中、人体に負担なく、体調を常時把握できる技術で、完成すれば世界初。今年度で基礎技術の開発を終えており、12年度の完成を目指す。【大沢瑞季】

 尼崎市中小企業センターでこのほど開かれた県立大のフォーラムで公開された。開発しているのは、横6センチ、縦2センチのばんそうこう型の器具で、胸や腕などに張り付ける。超小型センサーなどの技術を持つ前中教授が「付けていることを忘れるようなものにしたい」という思いから、ばんそうこう型を思いついた。

 血圧や体温、脈拍、発汗などの人体データだけでなく、日照や気圧、温度、湿度、騒音などの環境データも測ることで、寝たきりになっていないか、階段から転んでいないかなど、置かれた状況も把握する。約10のセンサーを厚さ1ミリ以内に収める予定だ。

 素材は、皮膚の伸びにも対応し、蒸れないようなシリコン樹脂を使い、着けたまま風呂に入ったり、運動できるものを目指している。センサーが計測したデータは、無線で基地局を経由して福祉施設や病院、家族宅などのパソコンに送られる。異常があれば、警報が鳴り、救助に駆けつけることができる。また病気の兆候を発見し、早期治療に結びつけることもできる。

 将来は大量生産することで、1個100円程度で流通させたい、という。前中教授は「人体を常時観測したデータが蓄積されれば、流行疾患の把握など、新しい研究にも役立つ」と話していた。

地域主権改革一括法案を閣議決定―介護施設の一部基準を条例委任(医療介護CBニュース)
女子高生につきまとい容疑、警部補を逮捕(読売新聞)
<官房機密費>首相、公開方法の検討を指示(毎日新聞)
割引財源で高速道建設=使途拡大で改正法案-国交省(時事通信)
【同盟弱体化】第1部 美辞麗句の陰で(1)「もはや日本は極ではない」(産経新聞)
コンテントヘッダー

<新幹線>新青森行き「E5系」愛称公募スタート 「はやて」に替え(毎日新聞)

 JR東日本は2日、東北新幹線八戸-新青森間の開業に伴い2011年3月から運転する次世代新幹線「E5系」の新たな列車名の公募を始めた。現行の東京-八戸間「はやて」に替わり、東北新幹線の「顔」となる。募集は31日まで。

 東京と青森を結ぶ列車の愛称は、昼行特急「はつかり」(東北線)、「みちのく」(東北・常磐線)が長く沿線市民やファンに親しまれた。1982年の東北新幹線開業後は、盛岡行き「やまびこ」、八戸延伸後の「はやて」がみちのくの大動脈の任務を担ってきた。

 同社は新たな愛称を、応募数ではなく応募作品全体を参考に選考する。応募は、専用応募サイト(http://www.jreast.co.jp/E5/)またははがき(31日消印有効)で。あて先は〒100-8691 銀座支店郵便局私書箱32号「新しい東北新幹線の列車愛称募集」事務局。新愛称は5月以降に発表する予定。【デジタルメディア局】

チリ大地震 気象庁擁護論「過少予測の方が問題」(産経新聞)
北教組幹部ら4人逮捕 民主議員陣営への違法資金提供事件で(産経新聞)
強盗殺人容疑で上田被告を再逮捕 鳥取連続不審死(産経新聞)
牛丼店に強盗、90万円奪う=栃木(時事通信)
大津波警報で青森県おいらせ町長選延期 一部で3月7日に再投票(産経新聞)
コンテントヘッダー

小林議員説明なし、民主党内に困惑広がる(読売新聞)

 「北教組幹部ら逮捕」という一報が流れた1日午後3時過ぎ、衆院議員会館3階の自室にいた小林千代美衆院議員は扉にカギをかけて部屋に閉じこもり、報道陣の取材に一切応じようとしなかった。

 秘書とともにようやく姿を見せたのは、午後4時過ぎ。小林氏は、報道陣の問いかけを「会議があります」と小声で遮って車に乗り込み、約2時間後、事務所を通じて「現時点では捜査の行方を見守るしかないので、これ以上のコメントは差し控えたい」などとするコメントを出した。

 関係者によると、小林氏は同日午後3時頃、議員会館に立ち寄った際、後援会関係者から4人の逮捕を知らされ、「事実がわからないのにどう対応すればいいのか」と驚いていたという。

 一方、北教組本部の入る北海道教育会館(札幌市中央区)では同日午後2時過ぎから約6時間、札幌地検の係官約40人による捜索が行われ、北教組は午後10時過ぎになって、ようやく「逮捕容疑にあるような政治資金規正法に違反する事実は一切ない。今回の逮捕は不当な組織弾圧と言わざるを得ない」などとするコメントを出した。

 鳩山首相や小沢幹事長の資金管理団体を巡る事件に続き、「政治とカネ」の問題で同僚議員の関係者が逮捕されたことに、民主党内には困惑が広がっており、元愛知県教組委員長の佐藤泰介参院議員(66)は「北教組はよほどずさんな会計処理をしていたとしか思えない。党にとっては大きなイメージダウンだ」と述べた。

 今回の事件について、上脇博之・神戸学院大法科大学院教授(憲法学)は「企業・団体からのカネが政治腐敗の温床だと改めて示した。選挙費用の公費負担を増やし、政治資金規正法で連座制を導入することなどが必要」と指摘。福岡政行・白鴎大教授(政治学)は「民主党の労組丸抱えの実態の一端を明らかにした点で、大きな意味がある。国民は民主党のクリーンさに疑念を持ち始めているのではないか」と話した。

日本到達の津波は3~1mの高さ…気象庁(読売新聞)
橋下知事 大阪市長と激論 生活保護や府市統合構想など(毎日新聞)
恒河沙
リットン・ストレイチー
自民各派会長が「派閥に弊害ない」解消論を批判(読売新聞)
コンテントヘッダー

コンドーム18歳未満への店頭販売…長崎で論議(読売新聞)

 全国で唯一、コンドームなど避妊具の18歳未満への店頭販売を条例で規制している長崎県で、条例の是非を巡り熱い論議が起きている。

 県の審議会で撤廃が妥当かどうかを話し合っているが、コンドームは性感染症予防に効果的で規制すべきでないという声が出る一方で、性のモラルの低下を懸念する意見も。若年層の性の問題に結論がまとまらない状態が続いている。

 県こども未来課によると、1978年に県少年保護育成条例が改正された際、「避妊用品を販売することを業とする者は、避妊用品を少年に販売し、又は贈与しないように努めるものとする」との条文を盛り込み、販売を規制した。自動販売機についても、購入をチェックできるよう屋内に置くよう定めている。

 同課は「青少年を取り巻く社会環境を向上させようと、条文を盛り込んだのでは」としている。

 県内の医療関係者などでつくる「性感染症予防啓発のための連絡会議」が2005年、「性感染症が低年齢層にも広がっており、規制の撤廃を」と申し入れた。これを受け、県はこの年に2回、県少年保護育成審議会で話し合ったが、「性非行を助長する」などと、撤廃反対の意見が過半数を占め、存続された。

 しかし、その後も県議や婦人団体から見直しの要望が相次ぎ、昨年8月から再び審議することになった。

 再度開かれている審議会でも意見の一致は簡単ではない。24日に行われた会議では、大学教授やPTA関係者ら委員から「避妊具が性感染症や妊娠を防ぐ」「撤廃は性モラルの低下につながる」といった賛否の意見が出て、物別れに終わった。審議会では7月末に方向性をまとめる方針だが、どうなるかは不透明だ。

 厚生労働省によると、全国の若者における性感染症の罹患(りかん)者数は、02年頃のピーク時に比べ減少しているが、08年では、クラミジアが10~14歳で44件、15~19歳で3170件。性器ヘルペスウイルスが10~14歳で9件、15~19歳で336件など、依然として多い。(川口知也)

<力士暴行死>「弟子ら信用できない」 名古屋高裁・控訴審(毎日新聞)
介護保険の抜本改革に向け12の政策提言―公明(医療介護CBニュース)
官房長官と3知事がテレビ会議へ(時事通信)
【from Editor】「慣用」とどう向き合うか(産経新聞)
<普天間問題>沖縄「国外・県外移設」初の意見書可決(毎日新聞)
コンテントヘッダー

津波到着なら、28日午後以降=チリ大地震で気象庁(時事通信)

 気象庁によると、日本に津波が到達するとすれば28日午後1時以降になる見込み。 

与謝野晶子の自筆原稿をインターネット上で公開 (産経新聞)
普天間移設めぐり閣僚間の調整不足露呈(産経新聞)
<チリ地震>「阪神以上の揺れ、正直怖かった」日本大使館員(毎日新聞)
平岡さんの靴と特定できず=DNA試料集まらず-島根女子大生遺棄(時事通信)
<津波>ハワイで2メートルの高潮観測 海岸部の被害はなし(毎日新聞)
プロフィール

かやまたけひこ

Author:かやまたけひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。