コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

小沢氏「心臓病で入院、預金を家族名義に」(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は25日、自らの資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京地検から事情聴取を受けた後、初めての定例記者会見を行い、同事件で逮捕された秘書らの監督責任に言及した。

 ただ、具体的な責任の取り方には触れなかった。

 記者会見は党本部で行われ、小沢氏は、逮捕された秘書らの監督責任について「(政治資金の管理を)担当者に任せてきたことは事実だ。それがもし誤ったことをしたならば、私の(資金管理団体の)代表者としての責任ももちろんある」と述べた。

 小沢氏は、資金管理団体が購入した土地の資金4億円のうち3億6000万円を家族名義の口座から引き出したと説明している。家族名義の口座に多額の金があった理由については「1991年に心臓の病で入院した。万が一の時に、という意識があって家族名義にしたのではないか」と述べた。

 自らの国会への参考人招致については「与野党で議論することなので、その結果に従う」と述べた。

 小沢氏はまた、事情聴取の際の検察側とのやりとりを一部紹介し「(検察から)『水谷建設から5000万円の提供があったと言われているが、いかがか』という話があった。私は『5000万円を受け取ったり(土地)購入資金に充てたという事実は全くないし、その他の会社からも不正な資金提供を受けたことはない。秘書もそのような金は受け取っていないと信じている』と申し上げた。繰り返しの問答はあまりなかった」と語った。

<詐欺>東電元社員ら逮捕 融資金2.4億円詐取の疑い(毎日新聞)
立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)
売れ筋「1Q84」のみ、出版不況は深刻化(読売新聞)
「経済的補償に重心を」=犯罪被害「あすの会」10周年-東京(時事通信)
政権に影響「全くない」=平野官房長官(時事通信)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

「頑張れること見つけて」=日本人学校で若田さん-バンコク(時事通信)

 【バンコク時事】宇宙飛行士の若田光一さんが28日、長期滞在した国際宇宙ステーション(ISS)での生活などについて、タイのバンコク日本人学校で講演し、児童らに「自分の興味のあること、これならつらくても頑張れるということを見つけてほしい」と話した。
 講演には小学6年生約200人が参加。若田さんが写真やビデオ映像を使って宇宙での生活や無重力状態などについて説明すると、熱心に聞き入った。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

<大相撲初場所>暴力団組長、土俵下で観戦 排除対策の中(毎日新聞)
横浜市瀬谷区の民家全焼2人遺体みつかる 母と娘か(産経新聞)
リーダー格か、中国籍の男逮捕=女性遺体事件で3人目-兵庫県警(時事通信)
巨大祭祀施設の塀跡出土 御所市の秋津遺跡(産経新聞)
裁判員の辞退希望21%、70歳以上・学生…(読売新聞)
コンテントヘッダー

<ウォーターボール>知事も中でダンス、ダンス、ダンス(毎日新聞)

 菓子メーカー「ロッテ」が、同社のガムのCMで踊られているダンスの動画を募集したコンテストで、女子大生が「ウォーターボール」の中で踊った作品が滋賀県エリア部門で1位を受賞。企画した「NWWAびわ湖PRプロジェクト」(御舩泰秀代表)がこのほど、賞金の一部を県に寄付した。【後藤由耶】

 ウォーターボールは直径約2・5メートルの透明な塩化ビニール製で、中に人が入り密閉した状態で水に浮かばせ、「水上散歩」を楽しむことができる遊具。琵琶湖で体験でき、水上歩行の競技大会も開かれている。

 御舩さんは、琵琶湖のPRを兼ねてコンテスト参加を企画。いずれも立命館大3年の久間菜央さん(21)と高坂香梨奈さん(21)が出演し、昨年10月、大津市柳が崎の琵琶湖岸でウォーターボールの中に入りガム「フィッツ」のダンスを踊った。

 動画はロッテのホームページで公開され、約1カ月間のアクセス数を競った。この結果、同プロジェクトの作品が県内最多の5045アクセスを記録。同プロジェクトは、賞金から経費を差し引いた2万5251円を県に寄付した。

 県庁を訪れた御舩さんらはウォーターボールを持参。中に入った嘉田由紀子知事は、「これは新しい琵琶湖の楽しみ方。今度は琵琶湖の上で楽しんでみたい」と喜んでいた。

(2010年1月21日滋賀面)

【関連ニュース】
<こちらはポッキーダンス>忽那汐里:益若つばさ、IMALUらとCMの「ポッキーダンス」披露
<あの五輪代表は小1からダンス>高木美帆選手:万能15歳 サッカーも陸上もダンスも
<永ちゃんもダンス>矢沢永吉:パラパラマンガで“4倍速”ダンス
<香里奈さんも>春服で軽やかにダンス ニッセン春カタログCM
<水嶋ヒロは>長谷川潤のくねくねダンスに「クギ付け!」

【産経・FNN合同世論調査】菅副総理「残念だが跳ね返せる」 官房長官は「真摯に受け止める」(産経新聞)
両親連れ、1カ月以上無銭宿泊=「親孝行に見えた」53歳女を逮捕-神奈川県警(時事通信)
押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に(産経新聞)
小沢氏、午後に聴取=都内で4時間予定-「認識」「原資」焦点に・東京地検(時事通信)
国家公安委員長「リーク記事しか書かない」(読売新聞)
コンテントヘッダー

マタニティーマークの配布率76%=市町村での普及進む-厚労省(時事通信)

 妊産婦が交通機関などの利用時に着用し、周囲が配慮を示しやすくするためのマタニティーマーク入りグッズを配布する市区町村が、全国で7割を超えることが25日、厚生労働省の調査で分かった。
 同省によると、全国約1800市区町村(昨年8月末時点)のうち、今年度にマーク入りのキーホルダーやバッジなどを配布するのは、約76%に当たる1372自治体。85自治体は来年度からの実施を検討中という。
 一方、2割近くは今後も未定とし、約7%が財政上の理由を挙げた。滋賀県内では全市町が配布するのに対し、沖縄県内は約49%にとどまるなど、取り組み状況に地域差もあった。 

【関連ニュース】
余っても解約条項なし=輸入ワクチン、大量廃棄も
業界トップクラスに集中=就職先人気ランキング
ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者
病院の耐震化率56.2%=164カ所、倒壊の恐れ
待機児解消は期待薄?=保育所面積の地方委任-7割が国上回る基準・23区、政令市

鳩山首相、名護市長選の結果「民意の表れ」「5月末までに結論、必ず履行」(産経新聞)
反捕鯨団体、ゴムボートで妨害=衝突以来9日ぶり(時事通信)
小沢氏会見詳報(3完)「不正はないという主張は断然貫く」(産経新聞)
<自民党>政策集団「のぞみ」発足 山本元金融担当相ら5人(毎日新聞)
<足利事件再審>元検事「深刻に思う」 菅家さん「謝って」(毎日新聞)
コンテントヘッダー

<土地購入事件>閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に関し、19日の閣議後会見で閣僚の反応が相次いだ。ただ、公然と批判するような発言はなく、小沢氏が任意の事情聴取に応じるべきかについても「ご本人の判断」との回答が多かった。

 前原誠司国土交通相は「国民はどの(世論)調査でも『(小沢氏の)説明責任が十分果たされていない』という方が大半だと思うし、私も、そう思う国民の思いはよく理解できるので、事情聴取に応じられる方向になったのは非常にいいことだ」と指摘した。

 中井洽国家公安委員長は事件に関し「(東京地検)特捜(部)も説明責任があると思っている。なんの事件なんだろう。よくわからない」と述べた上で、検察と対決する小沢氏の姿勢について「人生哲学、長年の経験に基づいた思い、『いま一番大事な時に』という悔しさ、いろんなことがまざってるんだろう」と語った。

 直嶋正行経済産業相は「現職議員が逮捕された事態は深刻に受け止めないといけない。ただ、検察のやり方に検察OBからも批判があったりして、私のように外から見ているだけの立場ではコメントは非常に難しい」と話すにとどめた。

【関連ニュース】
中央防災会議:被災地生活支援の特別立法を検討
閣僚:担務を変更 財務相交代などに伴い
サッカー:政府、北朝鮮チームの入国許可へ
米兵ひき逃げ:国家公安委員長に怒りの声伝える…読谷村長
国家公安委員長:新宿・歌舞伎町の夜を視察 警官を激励

回らぬ風車、早大の賠償減額=つくば市の過失指摘-東京高裁(時事通信)
荒れる国会「ドラ息子」「すねに傷」 やじに傍聴人は「声聞こえぬ」(産経新聞)
<臓器移植>大阪で40代男性脳死判定 86例目臓器提供へ(毎日新聞)
<小沢幹事長>「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
強盗容疑で37歳男を逮捕=郵便局で500万奪う-警視庁(時事通信)
コンテントヘッダー

小沢氏らの議員辞職勧告決議案提出も検討 自民・大島幹事長(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は16日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で元秘書の石川知裕衆院議員が逮捕されたことについて「さまざまなことを考えねばならない状況に入った」と述べ、18日召集の通常国会で小沢、石川両氏の議員辞職勧告決議案の提出を検討する考えを示した。

 大島氏は「まず鳩山由紀夫首相が小沢氏に対し、国民に説明し政治責任を明らかにするよう指示する義務がある」と強調した。平成22年度予算案への対応には「政治責任、倫理責任を国民に説明する場を設けてから審議に入ることが国民の付託に応える道だ」と述べ、説明責任を果たすことが審議入りの前提になるとの認識を示した。

 公明党が昨年の臨時国会に提出し継続審議となっている、議員の会計責任者が政治資金収支報告書に虚偽記載した場合に議員本人の公民権を停止する政治資金規正法改正案について「まず政治の場で事実を解明し、その上で今の法案で問題があるなら(改正に)進めばいい」と述べた。都内で記者団の質問にこたえた。

【関連記事】
同行求められた大久保容疑者、無言で車に 規正法違反事件
中堅ゼネコン、小沢氏側に“資金提供” パー券購入も出席ゼロ
石川議員逮捕で勢いづく自民 「その先にある大きな闇の解明を」
鳩山政権、発足以来の危機 小沢氏の進退、首相の責任も
「先生の指示で金運ぶ」 小沢氏の“金庫番”石川容疑者

「酒に酔って魔差した」巡査長がアイス5個万引(産経新聞)
ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
「カルガモ走法」でETCすり抜け=計460回か、運送業者逮捕-兵庫県警(時事通信)
「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)
民主 可視化法案、今国会提出を検討 (産経新聞)
コンテントヘッダー

産科医院前にヘソの緒ついた赤ちゃん置き去り 生後1、2日 千葉(産経新聞)

 21日午前7時20分ごろ、千葉県四街道市大日の産婦人科医院の救急・夜間出入り口前で、生後間もない裸の女児が、バスタオルなどにくるまれ、紙袋の中に放置されているのを同院の清掃担当職員が発見し、同院長が110番通報した。女児の命に別条はなく、同院で治療を受けている。県警四街道署は保護責任者遺棄容疑で捜査している。 

 同署の調べによると、女児は生後1、2日とみられ、へその緒がついたまま。ベージュのバスタオルと白地に水玉模様のひざ掛けにくるまれた状態で、スーパーの紙袋の中に入れられ、出入り口わきの植え込み近くに置かれていた。手紙や身元がわかるものはなかったという。

 同署は、同日午前4時半以降に女児が置かれたとみて調べている。

【関連記事】
路上に生後間もない乳児、死亡確認 前橋 
農道に赤ちゃん置き去り 千葉
自転車のかごに乳児を遺棄 容疑の18歳母と少年逮捕
安産、縁結びの神社に捨て子 大阪
埼玉・朝霞の小学校に乳児遺体

訪問看護支援事業、「行政の意識が重要」―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)
交差点に重傷女性、トラックで何度もひく?(読売新聞)
三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決(産経新聞)
<掘り出しニュース>県庁トイレに広告いかが? 栃木県が苦肉の策(毎日新聞)
「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)
コンテントヘッダー

外国人参政権反対 自民議連再開(産経新聞)

 自民党は20日、党本部で「外国人参政権の慎重な取り扱いを要求する国会議員の会」の会合を開き、24日の党大会で外国人参政権(選挙権)付与法案に反対する姿勢を明確に示すよう党執行部に求めることなどを決めた。

 同会は平成16年以降、活動を中断していたが、民主党内で今国会への法案提出の動きが強まったことから再開した。この日の会合には国会議員25人が参加。新会長に選ばれた村上誠一郎元行革担当相は「党を挙げて命がけで対応しなければならない」と訴えた。

 出席者からは、昨年の衆院選で、民主党が在日本大韓民国民団(民団)から選挙運動の支援を受けていたとの指摘が出され、「公職選挙法自体を改正し外国人の選挙運動を禁じるべきだ」(高市早苗元少子化担当相)との意見も出た。

 外国人地方参政権をめぐっては、25日に憲政記念館で、反対の国民集会が開かれる。

【関連記事】
外国人参政権、谷垣氏も「反対」
鳩山・小沢氏はバッジを外せ 党内の政権交代こそ改革
外国人参政権 性急な提出に強まる疑念
「民主党は国を売るのか」外国人参政権に絶対反対
民主党大会会場周辺でデモ「小沢氏は政界追放」 

自公、参政権では別対応(産経新聞)
<寒波>北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)
【チャイム】「クールビズ廃止を」 ネクタイ業界が陳情(産経新聞)
ほかの政治家への献金、証言避ける元西松部長「ここで申し上げる訳には…」(産経新聞)
石川知裕議員の逮捕状請求へ 東京地検特捜部 (産経新聞)
コンテントヘッダー

<交通事故>大学生はねられ死亡 横浜(毎日新聞)

 16日午前4時55分ごろ、横浜市戸塚区原宿4の国道1号を歩いて横断していた同区戸塚町、大学4年、村井謙太郎さん(23)が、同市金沢区並木、運転手、美坂範男さん(46)の大型トラックにはねられ、全身を強く打って間もなく死亡した。

 神奈川県警戸塚署によると、現場は片側2車線の直線道路で、横断歩道はなかった。村井さんは、植え込みのある中央分離帯を越えて車道に出たところではねられたという。【木村健二】

【関連ニュース】
衝突事故:バイクの高校生ら死傷 東京・江戸川
交通事故:降雪でスリップ パトカーなど5台追突 飛騨
交通事故:自転車の高2、車にはねられ死亡 愛知・豊川
ひき逃げ死:救助男性の目前に後続車 福島・いわき
首都高:逆走し衝突、91歳男性が死亡、3人けが…東京

<長崎漁船不明>家族から船体引き揚げ要望(毎日新聞)
【再生の街 水谷門下生の震災15年】(上)神戸市灘区・六甲道駅南地区(産経新聞)
聴取要請から1週間、小沢氏応じる姿勢なし(読売新聞)
<20年五輪>長崎市が共催断念(毎日新聞)
日米安保条約50年 普天間抜きに他の合意困難(産経新聞)
コンテントヘッダー

理科実験中に爆発 豊島区の巣鴨高で11人けが(産経新聞)

 12日午後1時ごろ、東京都豊島区上池袋の私立巣鴨高校の実験室で、化学の実験中に薬品を入れていたビーカーが破裂した。警視庁巣鴨署によると、2年生の男子生徒11人が顔にガラス片が当たるなどして負傷したが、いずれも軽傷とみられる。同署は実験が適切に行われていたかなど、詳しく調べている。

 同署や同校によると、当時は防腐剤を作る実験中で、過酸化水素水や水酸化ナトリウムなど薬品3種類を11個のビーカーに入れ、ガスバーナーで熱を加えていたところ、1個のビーカーが破裂した。ガラス片の中には5メートル以上飛んだものもあったという。

 同署は気化した薬品に引火し、爆発した可能性があるとみている。

 同校によると、授業は午後0時45分から開始。生徒30人が授業を受けており、化学担当の非常勤講師の男性(66)が指導していたという。

 同校は都内有数の進学校として知られる。同校の堀内不二夫校長は「生徒にけがをさせて申し訳なく思う。今後、このようなことが起きないように、授業の手順や試薬の受け渡し方法を確認していく」としている。

取材で個人の郵便物を盗み見=TBS系番組の制作会社(時事通信)
<外国人地方参政権>通常国会に法案提出方針…平野官房長官(毎日新聞)
日本政府の医療チーム、ハイチの被災地到着(読売新聞)
鳩山政権最大の危機、「小沢幹事長辞任を」の声(読売新聞)
<衝突事故>バイクの高校生ら死傷 東京・江戸川(毎日新聞)
プロフィール

かやまたけひこ

Author:かやまたけひこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。